営業時間:10:00-19:00 047-367-2026 火曜定休
葛西屋呉服店 -天保10年(1839年)創業180年の歴史と伝統-
  1. ホーム
  2. かさいやブログ
  3. お手入れの知識

お手入れの知識

着物や帯のお直し
3月14日から17日に開催される決算市では、きものドクターの来場があります。 普段から葛西屋にて承っている「寸法直し」ですが、今回ご用命いただく方もいらっしゃるかと思いますので、今回はお直しに関してご紹介したいと思います! 一口に寸法のお直しといっても様々です。 お着物が大きくてお召しになる方の寸法に合わせて小さくされる場合は比較的簡単に、お値段もかからずお直しすることが出来ます。 袖が長い場合に...
小物のお手入れ・お取り扱い
普段からお着物をお召しになる方はご存じの方も多いのですが、振袖などで初めてに近いくらい久しぶりに着物を着た、という方は小物のお取り扱いに困る方が多いです。 肌着や裾よけはクリーニングに出しても良いのですがご自宅で簡単にお手入れができます。 多くの場合は正絹ではないので、ネットに入れて洗濯機で洗えます。 着物の下にお召しになるものなのでシワがあっても気になりませんが、酷いシワの場合やお持ち込みで着付...
きもの保管サービス RAKURA
お手入れに関してまとめてご紹介差し上げましたが、ご着用の頻度があまり高くない方、お手入れが面倒な方にはお預けいただけるサービスが非常に人気でございます。 新潟の十日町にあるきもの専門の倉庫にて、24時間体制で湿度と温度を一定に保ったまま保管するサービスでございます。 別ページにも詳細がございますが、こちらでもご紹介差し上げたいと思います! RAKURAの特徴としましては、新規にお預けいただく際に「...
帯のお手入れ
帯に関してご紹介するのを忘れておりました! 帯のお手入れは基本的に「生き洗い」と「プレス」のみだと思っていただけますと幸いです。 カビが出ている場合にカビ落としも出来ますが、着物より再発がしやすいです。 黄変が出てしまっている場合には漂白で落とすことが難しいので、綺麗になるか見積もりをとらせていただいてもそのままお返しさせていただくことも多いです。 帯は「生き洗い」でお手入れできますが、頻繁に洗う...
着物のお手入れ「洗い張り」
着物のお手入れをお任せいただく際に、「洗い張りを」とご依頼いただくこともございます。 「生き洗い」「丸洗い」のことを「洗い張り」と思って仰る方もいらっしゃるので、必ず確認させていただいております。 というのも、「生き洗い」と「洗い張り」ではお手入れの仕方が全く異なるのです! 「洗い張り」は仕立て上がっているお着物を一度解く加工になります。 一度解くメリットとしましては、仕立て上がっているお着物を仕...
着物のお手入れ「カビ落とし」
絹には湿気が大敵だというお話を何度かさせていただきました。 「カビ」は着物が濡れた状態(湿気を保った状態)で保管してしまった場合、保管する場所の湿度が高い場合に発生します。 湿度の高い部屋や川や海の近くのお宅の1階、窓の近くで保管する場合にはカビの発生率が上がりますので注意が必要です。 大体が保管中に発生しますので、気がつくのも遅くなるのが特徴です。 保管中のお着物に白や黒い斑点や白く靄がかかった...
着物のお手入れ「雨染み抜き」
お手入れのことを色々ご紹介しておりますが問題です! 「雨染み」は「生き洗い」で落ちるでしょうか。それとも別の加工になるでしょうか。 答えは、雨は油性の汚れではないので「生き洗いでは落ちない」です。 更に言うと純粋な水分100%ではないので、汗抜きのように水シミ抜きと溶剤でのお手入れが必要になって参ります。 もしお天気の悪い日にお出掛けされた場合には雨染みがついている可能性があるので、保管の際には注...
着物のお手入れ「黄変抜き」
昨日ご紹介した汗抜きの説明に「黄ばみ」というワードが出ましたが、お着物のシミで黄色いものが見られる場合がございます。 この黄色いシミは、時間が経った着物に見られることが多いです。 というのも、通常のシミは汗染みのように目に見えないものや食べこぼしなどのシミなのですが、この汚れが落ちないまま時間が経つと生地の表面にあった汚れが浸透していきます。 浸透していったシミですが、更に時間がかかると生地が酸化...
着物のお手入れ「汗抜き」
昨日は「丸洗い」「生き洗い」のご紹介をしましたが、今回は「汗抜き」と呼ばれるものについて。 夏場は特にですが、冬など寒い季節でも屋内でお召しになると暖房で暖かく、汗をかいたりします。 汗をかくと長襦袢やお着物に縦に細かいシワが発生します。 絹は水分に弱いので水を吸うと縮みます。着用時に見られるしわは、着物が水分を吸った証なのです。 汗の成分は水分と油脂です。 油脂に関しては生き洗いの溶剤で落とすこ...
着物のお手入れ「生き洗い」
お着物のお手入れは「丸洗い」「生き洗い」と呼ばれるものが基本でございます。 クリーニング屋さんでも着物のお手入れをされているところもございますが、当店は専門の悉皆屋さんと提携しております。 呉服を専門にされているところは経験と知識が違います。 細かい作業でお手入れしてくださるので、専門店なりのお値段がかかりますが、仕上がりの綺麗さは段違いです! 丸洗い、生き洗いと呼ばれる作業は主に「目立ったシミ汚...
履きすぎにご用心?!
こんにちは!葛西屋の七代目です。 だんだん春の陽気になってきました。私は花粉対策に余念がないですが、皆さまはどうですか? さて、私は普段から着物を楽しんでいますが、先日、着物を着て東京の小伝馬町を歩いていたら、足の裏が、チクチク。 あれ?痛風か!?とヒヤヒヤでしたか、日比谷線に乗って落ち着いて、よーく見たら、雪駄の表から針が!!! ぎゃーーー!って感じでした。 これはこれは、PL法適用か、お客様...
おうちでお手入れ?ふるるん?
こんにちは、葛西屋です。 今回は、お持ちの長襦袢が自宅で簡単にお手入れができるようになる、「ふるるん」についてご紹介致します。 ◇おうちでお手入れ?ふるるん? ▽ふるるんとは… 業界初の繊維改質技術からうまれた新しいシルクです。 人と地球にやさしい新しいウォッシャブルシルクです。 ●ノンホルマリン ●PFOS、PFOA ( 有害物質)未検出 ●皮膚の炎症テスト合格 ※全ての人にアレルギー反応が起き...
梅雨の前に着物のお手入れ
こんにちは。今日は、ブログ担当のタオカさんに代わり、若社長の私ナカヤマがブログを書かせていただきます! 昨日の朝日新聞朝刊に、「梅雨の前に着物のお手入れ」の記事が掲載されておりました。 着物のお手入れのコツは、とことん面倒を見てあげること、これに尽きます。 最近の世の中は、昔の何倍ものスピードで動いていますので、みんな忙しくて、そんな暇はないよぉー―、といわれるかもしれませんが、和の文化とは、悪く...
着物お預かりサービス 『RAKURA』 のご紹介!
みなさんこんにちは ブログ担当のタオカです 今日の松戸は、天気予報通り突然の雨と風と雷でした。みなさんは、大丈夫でしょうか 今回は、みなさんが一番困っている着物の保管のご紹介です。 着物の保管と言いますとタンスにずっとしまいっぱなしとか着物を置く場所がなくて困っているという方が多いと思います。 でもそんな方に朗報です。着物お預かりサービス『RAKURA』をご存知でしょうか RAKURAは、着物、長...
1
Top