1. ホーム
  2. かさいやブログ
  3. きもの雑学
  4. ブログ
  5. ロンドン×KIMONO

着物をKIMONOとして

ロンドン×KIMONO

2020年10月15日 23:24

NHK G で2020年10月15日22:30〜放映された、世界は ほしいモノに あふれてる

は、ロンドン×KIMONO

呉服業界に身を置く者として、かなり刺激的な内容だった!

海を越えた、大英帝国!ロンドンの地で、着物、がKIMONOとして楽しまれているのは、なんとなく聞いたことがあったが、

日本からのアンティークのみでなく、その地の布を着物にアレンジして楽しんでいる。

また、ロンドンの着物評論家、シーラさん。
双子で生まれ、なかなか名前を覚えてくれなかった悔しさを、アイデンティティを示せるアイテムとして着物を着出した。
着るもので個性を表せる。

確かに、今となっては、日本でも着物は名刺がわりになる。着物で挨拶をしてことがある人には、また着物で出会うと覚えていてくださる。
確かに便利だ!

今年の3月、ロンドンで着物の博覧会が開催された。
その中で特に注目を集めたのが、現代着物。

着物を普段着に。素材も着やすく、価格もリーズナブル。

ライフスタイルに合わせて、着物を進化させている。

呉服業界の市場規模は年々縮小し、ものづくりの職人たちは高齢化し、後を継ぐ者たちも少なく、これからどんどん商品が減っていくことが危惧されている。

今回の番組を見て思ったこと。
着物を着物だけとして考えず、いわゆる「KIMONO」として、ファッションとして、日常着として、気軽に楽しみ、ナショナリズムからグローバリズムに考えを転換していくことが大切かもしれない。

そーいえば、昨日参拝した、あんばさま大杉神社の宮司、市川久仁守さんから、呉服業界に対するご意見として、同じようなお話をされたことを思い出した。

業界としてと、普段から気軽に着られる着物、生活しやすい着物に、考えを転換させていくべきであろう。

105918B5-5186-4C61-94CE-85677D413CB0.jpeg

23D3B0C7-42BA-48EA-A7E2-B9435918D884.jpeg

79D55567-1FA6-4A40-997B-0EA3304C251C.jpeg

<< 山形米沢から紅花染体験! 松戸の伝統工芸品「中村正」組紐 >>
Top