葛西屋のブログ
  1. ホーム
  2. かさいやブログ
葛西屋のブログ

かさいやブログ

マスクをお探しの方へ
?フィルター交換型のマスクあります。ウィルスや細菌を99%以上防ぐ、世界初のグラフト型マスクです。? ?マスク本体(1800円+税)の残り2点、交換フィルター2枚入り(1500円+税)3組の在庫数です。 ...
呉服屋の反物、早巻き選手権
呉服屋さんとご縁のある方ならお馴染みの「反物(たんもの)」 幅は約38センチ、長さは約13メートルあります。 呉服屋をはじめ、呉服問屋さん、メーカーさんは、毎日のように、この反物を、広げては、巻き直し、の繰り返しの日々を送っております。 その作業を、なんとか業界活性化へ生かせないか、そんな想いで始まったであろう大会があります。 「巻王(まきおう)」 この大会は、京都発祥ですが、江戸、も頑張っており...
呉服屋の反物、早巻き選手権
呉服屋さんとご縁のある方ならお馴染みの「反物(たんもの)」 幅は約38センチ、長さは約13メートルあります。 呉服屋をはじめ、呉服問屋さん、メーカーさんは、毎日のように、この反物を、広げては、巻き直し、の繰り返しの日々を送っております。 その作業を、なんとか業界活性化へ生かせないか、そんな想いで始まったであろう大会があります。 「巻王(まきおう)」 この大会は、京都発祥ですが、江戸、も頑張っており...
つまみ細工ワークショップを開催しました
去る2020年2月6日(木)開催のご報告です。 松戸在住の伝統的工芸品の江戸つまみかんざし職人、藤井彩野さんを講師にお招きし、ワークショップを開催しました。 当日は、5回の時間に分けて開催いたしましたが、各回ほぼ満席の大盛況のうちに終了いたしました。 アンケートも実施させていただき、今後のワークショップ開催の糧とさせていただきます。 千葉県指定伝統的工芸品の看板。 完成見本は4パターン。それぞれお...
羽田空港→松戸駅 リムジンバス搭乗記
ここでひとつ、松戸の街の価値向上の話題! 出張で羽田空港を利用する時、タイミングが良ければ、松戸駅直通のリムジンバスにて帰社します。 今回(2020年2月4日(火))、19:00伊丹発20:10羽田着のANAにて帰京しましたが、預けた荷物をピックアップしたり、トイレへ行ったりしてるうちに、羽田空港から出たのが、20:35頃。電車で帰ろうとしましたが、乗換案内で調べたところ、京浜東北線の人身事故で、...
京都出張「爪綴れ帯『西陣 石川つづれ』さんへ
今回の京都出張では、帯の産地へ赴きました。 爪綴れ帯のメーカー、西陣 石川つづれさんです。 爪綴れ帯は、柄の細かい糸の綴れを、ヒトの手の指の爪を使い、織っていく技法です。 職人さんの爪を見せていただきました。 ギザギザにヤスリで削っているのがお分かりになると思います。 この爪を使い、糸を寄せていきます。 この写真では、柄が分かりにくいと思います。 こちらは裏側で、柄は、鏡を見ながら、確認して織って...
帯締め、帯揚げの「紐の渡敬」
きもの専門雑誌「美しいきもの」や、京都老舗和装小物メーカーでお馴染みの「紐の渡敬」さん。 葛西屋は、各老舗メーカーとのパイプも、長い歴史の中で確立しております。 今日は、紐の渡敬さんが、商品を持ってご来店。 様々なお客様の顔を思い浮かべながら、仕入れをさせていただきました! 一部の仕入れ品は、下記の画像にてご確認いただけます。...
熱海 来宮神社
先日の研修旅行で、熱海の来宮神社(きのみやじんじゃ)というところへ行ってまいりました。 一時期、参拝者数が激減したが、女性受けするような設えにリニューアルしたところ、参拝者数は増えたそうです。 社務所も現代風にリニューアルされ、まるで、カフェのようでした。 当店のお店作りでも学ぶところがありそうな気がしました。 葛西屋 店主...
松戸駅周辺の活性化を推進するために
こんにちは。 当店は、お店があります、松戸駅周辺のにぎわいを作り出すために、「松戸駅周辺活性化推進協議会」の会員として活動しております。 先日、まちづくりで復活を遂げた、静岡県三島市と熱海市へ、その事例と松戸への参考をすべく、研修へ行ってまいりました。 ...
きものdeお出かけ「新春浅草歌舞伎」開催報告
2020年1月19日日曜日、浅草公会堂。 きものdeお出かけ「新春浅草歌舞伎」を開催いたしました。 この日の公演は、主催者松竹さんご指定の、きものの日。 着物を着て、観劇しましょう、という呉服業界にいる私としては大変ありがたい企画。 きものを一人で着られない方にも参加していただきたい、ということで、お店でも着付けをいたしました。 会場の浅草公会堂まで、松戸からは、常磐線で北千住で乗り換え、つくばエ...
いよいよ来週は、「新春恒例!お年玉市」です
全てのお客様へ案内しきれないため、ブログにてご案内させていただきます。 今年のお正月にお手元に届いた、年賀はがきの抽選番号によって、きものが当たります! ぜひ、ご確認くださいませ!! なお、きもの振興のため、当選したきものは当店にてお仕立てをお願いしております。 なお、ご来店予定日時を事前にお知らせ頂けると幸いです。 電話047-367-2026 メール:support@kasaiya.co.jp...
復活!葛西屋きもの通信 2020冬号
しばらくお休みしておりました、「葛西屋きもの通信」を、装いも新たに復活いたしました。きものに関する話題、特に、京都や、各産地、お店のイベント案内など、掲載させていただきました。 また、特集してほしい事柄などございましたら、お気軽にご感想くださいませ。ご感想、コメントもお待ちしております。 ご郵送ご希望のお客様は、下記のフォームより、必要事項をご送信くださいませ。 お問い合わせフォーム 葛西屋呉服店...
ワークショップ「つまみ細工」のお知らせ(2020年2月6日(木))
こんにちは!寒くなってまいりましたが、皆様、お身体の調子はいかがでしょうか。 さて、葛西屋は和の文化の普及に向けて、様々なワークショップを開催しております。 今回は、「つまみ細工」のワークショップです。 様々なお花を作ってアクセサリーにしませんか。とっても優しくてきれいな「つまみかんざし彩野さん」が教えてくれます。 皆様奮ってお申し込みくださいませ! =======================...
日本橋人形町、グルメシリーズ第一弾!
商品の仕入れのたびに立ち寄る、日本橋人形町、堀留町界隈の美味しいお店を、備忘録も兼ねてご紹介します。 今回は、中央区日本橋堀留町1-7-16にある、「わかい」さんです。 ちょっとした裏通りにありますので、Googleマップなどのナビゲーションで向かわれることをお勧めします???? このお店はとある呉服デザイナーの方に教えていただいたお店! 見栄えは古いですが、中も古い!というか、古い趣があり、ラ...
きもの染め替え実践編
こんにちは!葛西屋七代目です。 今回は着物は長く付き合える素晴らしい衣服、というお話です。 洋服とは違い、着物は縫製を立体裁断せず直線縫いなので、形にに流行がなく、また、生地を全く無駄にすることなく仕立てることができます。 そのため、保管をしっかりしていれば、先祖代々子々孫々引き継ぐことができる衣服なのです。 でも、柄や色が少し派手だな、とか、わたしのイメージに合わない、でも、親からの形見の着物だ...
振袖ロケ撮影リハーサル
本日、人気モデルの乙顔聖加さんをお招きして、振袖ロケ撮影会のリハーサルを行いました。 着付けの様子です。 8DC74AD7-B320-4966-9F1E-8B52F363AAD2.MOV 室内でのスタジオ撮影も行いました。 暑かったですが、とても綺麗な写真が撮れました! また、近日、撮影の様子の動画もアップ予定です! 葛西屋呉服店電話047-367-2026http://www.kasaiya.c...
振袖ロケ撮影リハーサル
本日、人気モデルの乙顔聖加さんをお招きして、振袖ロケ撮影会のリハーサルを行いました。 着付けの様子です。 8DC74AD7-B320-4966-9F1E-8B52F363AAD2.MOV 室内でのスタジオ撮影も行いました。 暑かったですが、とても綺麗な写真が撮れました! また、近日、撮影の様子の動画もアップ予定です! 葛西屋呉服店電話047-367-2026http://www.kasaiya.c...
振袖ロケ撮影リハーサル
本日、人気モデルの乙顔聖加さんをお招きして、振袖ロケ撮影会のリハーサルを行いました。 着付けの様子です。 8DC74AD7-B320-4966-9F1E-8B52F363AAD2.MOV 室内でのスタジオ撮影も行いました。 暑かったですが、とても綺麗な写真が撮れました! また、近日、撮影の様子の動画もアップ予定です! 葛西屋呉服店電話047-367-2026http://www.kasaiya.c...
コマーシャル(朗読公演)
今回は、コマーシャルをさせていただきます。といっても、お店のイベントではなく、葛西屋とご縁をいただいている方からのコマーシャルです。 いつも元気に和装でご来店くださる、長野様。 長野様は、公立中学校で教鞭をとられていましたが、退職され、第2の人生で「朗読/読みがたりサービス」をされていらっしゃいます。 心を込めての朗読、私も聴かせていただきましたが、情景が浮かぶとても心温まるお話を聴くことができま...
京都 栗山工房様へ訪問(その2)
栗山工房様の型彫りに続くご紹介です。 この写真が、栗山工房様、というか、京友禅の型染めの加工工程です。 今回は、糊置きの工程です。 型を置いて、糊を置いていきます。 青く見えるのは、糊に色をつけているからです。 ここに地色の染料を乗せると、糊で伏せた部分のみ地色が残ります。 この作業の時は、生地を一枚丸々張った状態で染めなければなりません。 ところで、きもの反物一枚の長さって、どれくらいあるか...
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
Top